高級霊と低級霊(要約)

 低級霊の目的は教祖を操って霊自身の我欲を満たすことにあるのでその教団の信者全員が低級霊に支配されていくことになる。それは人々を救うことにつながらない。 彼によると、高級霊の特徴は「あまり現実界の人間に干渉しない」という。彼らは背後から人間を高度な判断によって導く。学問と教養と高次元での先見性、霊的な覚醒と高度な智恵を備えている。人間に「ああしなさい、こうしなさい」と過干渉な神は低級霊であることが多い。→本文を読む