量子医学と波動医学(要約)

 波動医学もバイオレゾナンス医学もオカルト医学と呼ばれ、一般の人々の間でも詐欺医療と呼ばれることが多い。しかし、詐欺ではなく「詳細不明」なだけである。不明ではあるが共鳴を利用して細胞同士が通信していることは量子論的には「否定することができないくらいに証拠が続々と提出されている現状」となっている。
 細胞の共鳴の実験は人間で行うと信用度が低くなる。そこで動物や昆虫を用いた実験がしばしば行われるようになった。前述の嗅覚に関する実験や、鳥やゴキブリが地球の磁場を感知することのできる能力を持っていることの実験などで「共鳴理論」が推定されるようになり、それぞれノーベル賞を受賞するほど世界的に認識されている。
 波動医学は不治の病を治すことがある。それは最近ではある程度一般的にも知られるようになったと思う。→本文を読む