何を祀るかではなく何を祈るか(要約)

 霊験あらたかな神社に参り祈願をしても、その祈願が我欲であるならば神はそれを無視する。だから、格式の高い神社であればあるほど、普通の人間の「願いが叶わない」ことになる。ところが、商業化している神社や低級の霊が多く集まる神社には悪霊もたくさん巣くっているだろうから、そういうところで我欲を祈願すれば願い事が叶うだろう。 高野山や比叡山など、霊験のあるお寺の最高役職に就く僧侶たちは、誰のために何を祈っているだろう? おそらく株式一部上場企業の社長などお偉いさんの商売繁盛や政治家の心願成就を祈っているのではないだろうか。それでは善なる神が遠ざかる。そしてそれらを祈る者も善から遠ざかる。→本文を読む